家賃をいくらに設定するか|将来のためにワンルームマンション投資をしましょう
婦人

将来のためにワンルームマンション投資をしましょう

家賃をいくらに設定するか

紙幣

相場を考えて決めること

アパートやマンションの経営を行う時に問題となるのが、家賃をいくらに設定すればいいのかということです。家賃が安い方が入居者は集まりやすくなりますが、収入が得にくくなります。一方で家賃設定が高ければ、入居者が集まらなくなってしまいます。そこでどのくらいの家賃にするか決める時に、家賃相場から考えていくのも1つの手です。家賃相場は地域による違いだけではなく、築年数や駅からの距離などによっても異なります。そのため経営している物件の内容ごとに、家賃相場を考慮することも忘れてはいけません。家賃相場というのはあくまで目安となりますが、適切な価格を家賃として設定できるようにしましょう。また業者の方に相談するのも手段の1つです。

状況に応じて考えよう

家賃をいくらに設定するのかというのは、家賃相場に設定すればいいというわけではありません。状況に応じて家賃の設定を変えるのもいいでしょう。例えば3月や4月は引越しが多い時期であるため、多くの方が賃貸物件を探す時期です。そのような時期であれば、多少家賃を高めに設定したとしても、借り手が見つかる可能性も高くなります。一方で引っ越す方が少ないシーズンだと、家賃を下げないと借り手が見つからないこともあります。空き室を防ぐために、時折家賃の見直しを行うことも忘れてはいけません。また物件が古くなってきたらリノベーションするなどして、物件の価値をあげて家賃を下げないように工夫するというのも悪くありません。状況に合わせて家賃について考えていくようにしましょう。